ブログタイトル

映画【イコライザー】感想「デンゼルワシントンの正義の味方は最高」評価80点

【朗報】今なら「イコライザー」がアマゾンプライムで無料で見れます!

 

f:id:toudain:20190126000249j:plain

「イコライザー」とても面白かったです.

人知れず闇に紛れて,悪を成敗していく正義の味方デンゼル・ワシントンが最高にかっこよかった.

まだ見てない人のためにネタバレは最小限に紹介します.(知って映画がつまらなくなるネタバレはしません.)

最後までじっくり読んでください.(^O^)

 

「イコライザー」のあらすじ


映画『イコライザー』TVスポット 2014年10月25日(土)公開

一言で言うと元CIAのデンゼルワシントンが,たちの悪いマフィアに虐げられている娼婦のクロエ・モレッツを救うために,孤軍奮闘するアクション映画.

その過程で,
・汚職警官に金を返させたり
・レジのおばちゃんが強盗に奪われた形見の指輪を取り戻したり
完全に正義の味方です.

でも,表向きはホームセンターで働くしがない男で通しているため,救った人に自分の正体を明かすことはしません.

そんな「陰から町を守るヒーロー」といった感じが渋くて,最高にカッコ良い♪

「誰に見られているというわけではないけど,悪を倒していく正義の味方」この言葉にビビッと来た人は絶対見てください.満足できるはず.

 

豪華キャスト

デンゼル・ワシントン

f:id:toudain:20190129223438j:plain
引用元:映画.com

この人が出てれば,その映画は面白くなるっていう俳優っていますよね.本作品の主人公デンゼル・ワシントンはそんな俳優の一人.

この人が出てる映画で面白くないものを見たことないかも(笑)

ちなみに,おすすめは

  • man on fire(邦題はマイ・ボディガード)
  • デジャヴ
  • ドレーニングデイ
  • アンストッパブル

あたり.アマゾンプライムで見れるのも多いので,まだの方はぜひ見てください.

 

クロエ・グレース・モレッツ

f:id:toudain:20190129225351j:plain
引用元:Wikipedia

娼婦役で出てくるクロエ・モレッツも魅力的な女優です.何といってもカワイイ.この映画のために体重を増量したというほどの実力派.

他のおすすめ映画は断トツで「キックアス」

感想・見どころ

デンゼル・ワシントンが最高にかっこいい

f:id:toudain:20190126171644j:plain
引用元:映画.com

元CIAという設定だが,マジで強い.主人公にピンチが訪れるって展開が一度しかないんです.

特に前半はデンゼルがやられることは全くなく,悪党をボッコボコにしていきます.

特にロシア料理店でのシーンはカッコ良かった.戦闘に入る前にその場の状況を瞬時に分析する様が,デンゼルの目元ドアップ画面を通して伝わってきます.

まさに,プロって感じ.

言葉はなくても「魅せる」ことができる俳優ってやっぱ偉大だな.

デンゼルは悪党をただボコボコにするだけでなく,一度は「善人への道」を用意してやります.実際,汚職警察官は泣きながらも悪事を認め,警察に逮捕されることになりました.

まあ,マフィアとかはそんなことするはずもないので,皆殺しにしてしまうのですが,,笑

ちなみに題名の「イコライザー(equalizer)」とは「平等にするもの」という意味です.映画に合わせて言うと「正すもの」という感じでしょうか.

 

その場にあるものを武器にする

f:id:toudain:20190126171641j:plain
引用元:映画.com

なんかこだわりがあるのか知りませんが,自分の武器は持たず,その場にあるものを利用して戦うんですよね.それがまたいい.

ジャッキーチェンのシリアス版って感じでしょうか.よくそれを武器にするなんて思いつくなぁと感心させられました.

ホームセンターでの戦闘シーンがあるのですが,見ていてとても楽しいです.デンゼルがやられることはないだろうと安心して見ていられるので,「次はどんな方法で敵をやっつけてくれるんだ?」とワクワクしてしまいます笑

デンゼルにとってはホームセンターって武器庫みたいなもんなんだね.

 

デンゼルとクロエの絡みが良い

f:id:toudain:20190129230533j:plain
引用元:シネマトゥデイ

デンゼルとクロエは深夜のダイナーで出会います.

普段のデンゼルは,静かな物腰で紳士的なおじさんって感じなんですよ.窓際の席で「老人と海」を読んでいたところ,娼婦のクロエに話しかけられます.

暴力をふるう客との関係にすっかり疲れ切っていたクロエ.デンゼルの優し気な雰囲気に惹かれたのか,出勤前に彼との会話を楽しむのが日課になっていました.

そんなある日,彼女は雇い主に顔がパンパンになるまで殴られ入院してしまいます.これをきっかけに,デンゼルの復讐劇が始まるのですが,,


このダイナーでのシーンがとても良いんです.

・こんな物静かで知的なデンゼルが戦うとめちゃ強いっていうギャップの伏線にもなってるし
・そんな彼に惹かれるクロエの「恋とは言わないまでもつかの間の安らぎ」も感じられるし

このシーンがあるからこそ,映画全体がドンパチするだけのアメリカ映画にならずに済んでいます.(十分ドンパチするのですが笑)

ちなみに,普段は物静かで紳士的だけど戦うとめっちゃ強いってタイプの主人公が大好きなんですよね.イコライザーはそんな僕にぴったりの映画でした.

総合評価:80点

勧善懲悪ってやっぱいいよね.見てて安心できる.アクションも申し分なし.

陰から町を守る正義のヒーロー,デンゼル・ワシントンが最高でした.途中だらけるような展開もないし,ずっと楽しんで見られる映画です.

ちょっとご都合主義なところもあるのですが,他の魅力で十分カバーできるレベルです.

「渋くてかっこいい正義の味方が見たいな」という方におすすめの一本.今ならアマゾンで無料で見れます.

期間ごとにPrime対象作品は変わっていきます.

後で見ようと思ってたら見れなくなってた..

ってなる前に見ちゃうのがオススメです.

ちなみに,「イコライザー2」という続編も公開されているので,要チェック!